free 【Art Fair in the World】―The Armory Show 2015(速報)

The Armory Show 2015―アーモリーショーの現在


2015年のAromry Showが始まった。これをプレヴューで見て、気づいたことがあったので書き留めておきたい。
まず、プレヴューを見て、人出は多いように感じたが、落ち着いたフェアになっていた。フェアが全体的に整理されて、すっきりしていたのだ。その理由の一つが、いわゆるコンテンポラリーマスターの作品が少ない。彼らの一部は、ジュリアン・オピーやマーク・クインまでを含めて、Armory Show Modern(フェアのモダンアート部門)に移っている。また、コンテンポラリー部門では、中堅どころのアーティストが新作を出してきたこともあって、フェアに清新な空気が吹き込まれた。
ところで、気づいたことというのは、参加ギャラリーによって浮き沈みがあるのではないかということである。浮き沈みとは、うまくいっている(成功している)ギャラリーとうまくいっていない(失敗というより成功していない)ギャラリーがあるように見えたのだ。ただし、この成否の判断は私の独断なので、ギャラリーの売り上げの実際の多寡とは別の話である。だが、アートフェアだけでなく現代アートシーンを長年観察してきた人間にとっては、ギャラリーの浮き沈みは、そこに展示される作品を見れば、大方予想がつく。
というわけで、私の妄言を信じてもらうことにして、今年のアートフェアArmory Showの診断に付き合っていただきたい。

まず、成功していないのではと思われるギャラリーを挙げてみよう。それは、世界の中堅のギャラリーである。少し前までは勢いがあったのだが、ここに来て停滞しているように見えるのだ。それは、アートをめぐる経済事情が強く影響しているのではないか。現在、先進国が基本的に不況にもかかわらず、政府の景気浮揚策によって世界的に金が余っている。その余剰資金が、アートマーケットに大量に流入していることは周知の事実である。これが、アート作品の高騰を招いていて、それを扱えるギャラリーの数が限られる。アートマーケットに格差が出てきてしまっているのだ。そのため、資金力のない弱小ギャラリーはつぶれ、中堅は行き詰まり状態に陥る。中堅には新しい駒を動かせる余裕がないので、アートフェアに出展した場合、手持ちの駒で勝負せざるを得ず、商品となる作品に代わり映えがないという停滞感が生まれるのである。それでも、ギャラリー・アーティストが順調に評価を上げていけば問題は解決されるのだが、そうなったとしてもアーティストはよりよい条件の大手のギャラリーに移籍してしまう。というわけで、全体的に中堅のギャラリーに活気がなくなるという具合(いわゆるマンネリ化)。そうなることで、世界のギャラリーの相関図のなかで地盤沈下する。それをうまく切り抜けるには、専門分野に特化することで、他に追随を許さないギャラリーになることである。ニューヨークで言えば、多文化主義の潮流に乗ったShainmanとLemann Maupin。
さて、あくまで私見だが、成功していないように見えるギャラリーの名前を上げれば、Boesky、Eleven Rivington、Pierogi、P.P.O.W、Metro Pictures、Kreps、Blum、Regen、Kukje/Kim、それにパリの一部のギャラリーである。名前を敢えて挙げたのは、もし読者がニューヨークやパリに行く機会があれば、私の言うことが正しいか、自分の眼で確かめてもらいたいからである。そして、私の見立てが違うと思うなら、そうと言っていただきたい。ちなみに、上掲のギャラリーに属するアーティストすべてが低迷しているわけではないので、悪しからず。
さて、次にうまくいっているギャラリーを挙げよう。
大手が来るのは、以上の説明で予想がつくだろう。ギャラリー名と展示作を見せよう。

Zwirner
DSCF7773.jpg
DSCF7767.jpg
DSCF7769.jpg
DSCF7766.jpg
DSCF7756.jpg
DSCF7755.jpg
DSCF7757.jpg
DSCF7770.jpg
Zwirnerは、さすがと思わせる展示で、王者の風格と言えばよいか。Armory Showは、GagosianやHauser & Wirthがフェアに出展していないため、大手ではZwirnerの一人勝ちの様相なので、中堅以下の成功しているギャラリーの展示作を紹介したい。

Kilchmann
スイスのチューリッヒにあるギャラリー
DSCF7647.jpg
DSCF7667_201503051402336eb.jpg
DSCF7648.jpg
DSCF7651.jpg
DSCF7653.jpg
DSCF7657_201503051403439f9.jpg
DSCF7663_20150305140347509.jpg
DSCF7660.jpg

Bleeder
ギリシャのアテネにあるギャラリー
DSCF7628_20150305141901e0a.jpg
DSCF7621.jpg
DSCF7626_201503051419002d2.jpg
DSCF7623_20150305141856992.jpg
DSCF7624_20150305141858c32.jpg
DSCF7625_2015030514190018b.jpg

Rein
パリとブリュッセルにあるギャラリー
DSCF7610_201503051438128dc.jpg
DSCF7611.jpg
DSCF7608_20150305143809de4.jpg
DSCF7618.jpg
DSCF7616.jpg
DSCF7613.jpg

Hales
ロンドンにあるギャラリー
DSCF7600_20150305144612f50.jpg
DSCF7583.jpg
DSCF7579_20150305144614694.jpg
DSCF7581.jpg
DSCF7589.jpg
DSCF8327.jpg
DSCF7592_20150305144926cde.jpg
DSCF8331.jpg

そんななか出展アーティストで成功しているギャラリーがある。
それが、Irma Blankの個展を行ったAlison Jaques(ロンドン)である。
DSCF7813_20150305150836bd7.jpg
DSCF7815.jpg
DSCF7817.jpg
DSCF7818.jpg
DSCF7820.jpg
DSCF7822.jpg

しかし、2015年のArmory Showでもっとも刺激的だったのは、Armory Presentsという若いギャラリーが参加する個展または二人展形式のコーナーだったのではないか。それらのギャラリーをすべて紹介しよう。そこに展示された作品の一番の長所は、それらが真似であるとか、構成がどうのとか考えなくてもよいことである。というのも、これらの作品は、元々シミュラークルであって真似とは無関係だからであり、また全体もなければ部分もないからである。

DSCF7474.jpg
DSCF7471.jpg
DSCF7472.jpg
DSCF7473_20150305152542ccb.jpg
DSCF7475.jpg

DSCF7477.jpg
DSCF7575.jpg
DSCF7576.jpg
DSCF7476.jpg
DSCF7478.jpg
DSCF7479.jpg

DSCF7480.jpg
DSCF7482.jpg
DSCF7485.jpg
DSCF7486_20150305154205d14.jpg
DSCF7484.jpg

DSCF7494.jpg
DSCF7490.jpg
DSCF7489.jpg
DSCF7488_201503051548576ce.jpg
DSCF7492.jpg
DSCF7491.jpg

DSCF7497.jpg
DSCF7495.jpg
DSCF7496.jpg

DSCF7499_201503051556504f1.jpg
DSCF7498.jpg
DSCF7501.jpg
DSCF7500.jpg

DSCF7505.jpg
DSCF7504.jpg
DSCF7503.jpg
DSCF7502.jpg

DSCF7508.jpg
[広告] VPS

[広告] VPS


DSCF7514.jpg
DSCF7512.jpg
DSCF7511.jpg
DSCF7510.jpg
DSCF7509.jpg

DSCF7518.jpg
DSCF7516.jpg
DSCF7517.jpg
DSCF7515.jpg

DSCF7520.jpg
DSCF7519.jpg
DSCF7521.jpg

DSCF7528.jpg
DSCF7527.jpg
DSCF7526.jpg
DSCF7525.jpg
DSCF7522.jpg

DSCF7533_201503051613218b0.jpg
DSCF7532.jpg
DSCF7531_201503051613171b8.jpg

DSCF7537.jpg
DSCF7536.jpg
DSCF7535_201503051615075f5.jpg
DSCF7534_20150305161506ced.jpg

DSCF7537.jpg
DSCF7538.jpg
DSCF7543.jpg
DSCF7541.jpg
DSCF7542.jpg

DSCF8353.jpg
DSCF7545.jpg
DSCF7546.jpg
DSCF7550.jpg
DSCF7548.jpg
DSCF7551.jpg

DSCF7556.jpg
DSCF7555.jpg
DSCF7554.jpg

DSCF7561_20150306002012cb9.jpg
DSCF7560.jpg
DSCF7558.jpg
DSCF7557.jpg
DSCF7559.jpg

DSCF7565.jpg
DSCF7562_20150306002013453.jpg
DSCF7564.jpg
DSCF7563_201503060020143cb.jpg

DSCF7574_2015030600355133d.jpg
DSCF7570.jpg
DSCF7568.jpg
DSCF7569.jpg
DSCF7573_201503060035502be.jpg

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.03.06 | コメント(0) | アートシーン

«   |  ホーム  |   »

Art in Action ブログについて

美術評論家、市原研太郎の主宰する現代アート研究室Art-in-Actionが発刊するブログマガジン

「ブロマガ」とは
「ブロマガ」購読方法

お問い合わせ

・ブロマガの購読・課金に関するお問い合わせはFC2サポートまでお願いいたします。
・記事の内容に関するお問い合わせはArt in Actionまで。

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:グローバルに拡大した現代アートのアーカイヴ作りと、そのアクチュアルな活動の見取り図を描くことを目的に、Art-in-Actionと名付けた現代アートのブログを立ち上げました。その取材に役立てるべくやむを得ず有料にしましたが、読者の方々の期待に答えられるよう努力を継続していきますので、よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム