free 展覧会へのコメント(9月)

展覧会へのコメント(9月)



[光州](韓国)

Spiral Pavilion(Gwangju Biennale、9月5日~11月9日)

DSCF6514.jpg
DSCF6519.jpg

上掲のGwangju BiennaleのSpiral Pavilionで行われていたのが、AA Bronsonと彼の仲間のコラボレーションによる展覧会。タイトルは、"House of Shame"。本来なら当ブログマガジンで連載中のBiennale Storyの枠内でレポートすべきだが、この展示のパートのみを取り上げても十分意味があると思うので、ゲイ・ワールド炸裂の圧倒的な内容を写真で示したい。

DSCF6366.jpg
AA Bronson作品

DSCF6370.jpg
DSCF6371.jpg
DSCF6374.jpg
DSCF6377.jpg
DSCF6378.jpg
DSCF6380.jpg
DSCF6382.jpg
DSCF6383.jpg
DSCF6384.jpg
DSCF6385.jpg
以上、Spiral Pavilion1階の展示

DSCF6389.jpg
DSCF6390.jpg
DSCF6391.jpg
DSCF6392.jpg
DSCF6393.jpg
DSCF6395.jpg
DSCF6396.jpg
DSCF6397.jpg
DSCF6399.jpg
DSCF6401.jpg
以上、2階の展示

DSCF6407.jpg
DSCF6408.jpg
DSCF6409.jpg
DSCF6410.jpg
DSCF6417.jpg
DSCF6419.jpg
DSCF6420.jpg
DSCF6421.jpg
DSCF6425.jpg
DSCF6426.jpg
DSCF6427.jpg
DSCF6429.jpg
DSCF6428.jpg
DSCF6431.jpg
DSCF6432.jpg
DSCF6433.jpg
DSCF6436.jpg
DSCF6435.jpg
DSCF6457.jpg
DSCF6458.jpg
DSCF6459.jpg
DSCF6460.jpg
DSCF6464.jpg
DSCF6465.jpg
DSCF6467.jpg
DSCF6468.jpg
DSCF6471.jpg
DSCF6469.jpg
DSCF6472.jpg
DSCF6473.jpg
DSCF6474.jpg
DSCF6475.jpg
DSCF6476.jpg
DSCF6477.jpg
DSCF6478.jpg
DSCF6479.jpg
DSCF6483.jpg
DSCF6484.jpg
DSCF6485.jpg
DSCF6486.jpg
DSCF6491.jpg
以上、3階の展示



「Sweet Dew Since 1980」展(光州市立美術館、8月8日~11月8日)

DSCF7849.jpg

すでにfbで紹介したように、本企画展は、検閲で話題となったSungdam Hongの絵画だけでなく、他にも政治的に興味深い作品があったので、それらを提示したい。
まず、検閲に毅然とした反対の意を表明した作品から。

DSCF8249.jpg
DSCF7906.jpg
DSCF7907.jpg
DSCF7909.jpg
DSCF7910.jpg
DSCF7911.jpg
Sungmin Hong作品

DSCF8105.jpg
DSCF8106.jpg
DSCF8107.jpg
DSCF8108.jpg
DSCF8109.jpg
大浦信行作品


DSCF7853.jpg
Sondeok Kim作品
DSCF7854.jpg
Sondeok Kim作品
DSCF7855.jpg
Deokkyeong Kang作品
[広告] VPS
House of Sharing作品。以上の4点は、従軍慰安婦を描いた素朴な挿絵風の絵画と、それを基に制作されたアニメ―ション。

[広告] VPS
Heung-Soon Im作品。朝鮮戦争直後に済州島で虐殺された住民を調査して制作されたドキュメンタリー・ヴィデオ。

DSCF7914.jpg
DSCF7915.jpg
DSCF7917.jpg
DSCF7918.jpg
Seahyun Lee作品

DSCF7925.jpg
DSCF7927.jpg
DSCF7928.jpg
DSCF7929.jpg
比嘉豊光の写真作品。1970年代に沖縄で行われた学生・労働者の闘争の記録。

DSCF7936.jpg
DSCF7937.jpg
DSCF7938.jpg
DSCF7939.jpg
DSCF7944.jpg
DSCF7946.jpg
DSCF7945.jpg
Anna Jermolaewaのインスタレーションとヴィデオ。ご多分にもれずデモの規制が厳しくなっているロシアで、デモをレゴに肩代わりさせるユーモアある作品。

DSCF8002.jpg
DSCF8007.jpg
DSCF8011.jpg
DSCF8019.jpg
様々な形で都市に介入し、異議申し立ての意志を表明するIgor Grubicのパフォーマンスとその痕跡。

DSCF8062.jpg
DSCF8064.jpg
DSCF8065.jpg
Num-jin Lin作品。伝統的な仏画(本展には、古い本物の仏画も飾られている)の様式を使い、仏の見守るなか現実世界の民衆の闘いと、それを弾圧する警官隊の姿を描いている。

[広告] VPS
[広告] VPS
[広告] VPS
DSCF8123.jpg
Amar Kanwarのヴィデオ・インスタレーション。彼にしては珍しくインド以外の国(ミャンマー)を題材にし、ミャンマーの民主化運動を取り上げた作品。

DSCF8094.jpg
DSCF8088.jpg
DSCF8090.jpg
DSCF8092.jpg
DSCF8093.jpg
DSCF8096.jpg
DSCF8095.jpg
Kathe Kollwitz作品。この展覧会場で彼女の作品を鑑賞すると、彼女の苦悩と悲嘆がより深い意味を帯びて立ち現れてくることに気づいた。

最後に、本展覧会に展示されなかったSungmin Hongの作品が、同じ美術館の別の企画展に出品されていたので、それを紹介したい。

[広告] VPS
これらの連作版画の主題は、1980年代の市民・学生の民主化運動である。そのさなかに悲惨な光州事件が出来する。



「The Mirror and Monitor of Democracy in Asia」展(光州市立美術館、8月22日~9月28日)

DSCF8334.jpg

光州市立美術館の別館で開催されているのが、Asian Arts Space Networkが主催するアジアの若手アーティストの作品を集めたグループ展である。日本からは開発好明とChim↑Pomが招待されているこの展覧会は、アジアの民主主義の在り様をテーマにしているが、暴力的な表現が目立った。民主主義と暴力は、互いに相容れない概念だが、民主主義の存在と不在が引き起こす暴力(穏健なものから残酷なものまで)があり、もっとも残酷なものを紹介すれば(かなり過激なので、刺激の強いものが苦手な方はスキップしてください)、

[広告] VPS
DSCF8393.jpg
DSCF8394.jpg
DSCF8395.jpg
DSCF8396.jpg
DSCF8397.jpg
He Yunchang, One Meter Democracy。民主主義のルールに則れば、このような残虐な行為も許容されるという実例。

また、台湾で最近勃発した学生の政治運動の舞台を美しく映し出した感動的な作品、

[広告] VPS
Yuan Goang-Ming, The 561st Hour of Occupation

そして、民主主義の危機(資本主義との齟齬による)のなかで、賢くサヴァイヴァルするインドネシアの若者の姿を描いた映像があった。

[広告] VPS
Angga Cipta作品



[東京](日本)

「ジョージェ・オズボルト Lost in Translation」展(Taro Nasu Gallery、9月6日~10月4日)

1967年、旧ユーゴスラビアで生まれたジョージェ・オズボルトは、過去に美術史から様々な絵画を引用し、とくに色彩を用いてデフォルメしてきたが、今回の個展は、オリジナルのアフリカの仮面の色をシンプルに変えることで、魅力的な作品に仕上げた。これがオリジナルのアフリカの仮面をずらすことになり、シミュラークルが生まれる。その効果は、イメージが宙に浮くことだ。オズボルトが、それをストレートに表現していることは見事と言うほかない。





(後半につづく)


[台北](台湾)

国立台北芸術大学付属の関渡美術館では、4つの展覧会が開催されていたが、そのうちの2つを紹介しよう。

DSCF9780.jpg
関渡美術館

DSCF9792.jpg

「Post-Mouvements Nights of Cafe Muller」展(関渡美術館、7月25日~9月14日)

この展覧会には、日本を含めアジア一円からアーティストが招待されているが、ベトナム人アーティストの作品が目についた。台湾で紹介されることの少ないベトナム人アーティストの作品が見られるようになったのは、東南アジアで現代アート熱が高まっていることに起因しているが、それだけでなく台湾のアート界がアジアの周縁のアートに関心を向け始めている証拠でもある。

DSCF9784.jpg
DSCF9785.jpg
DSCF9787.jpg
参加ベトナム人アーティストの一人、Tran Thi Dao作品。

タイトルにMouvement(運動)とあるように、展示会場では、台湾の立法院を占拠した学生のひまわり運動の後(Post)で、その実践を途切れさせず発展させることを、アーティストの立場から考えるイヴェントを行っていた。

DSCF9805.jpg
DSCF9806.jpg
DSCF9807.jpg


「Rooms to Meet the Gaze」展(関渡美術館、7月25日~9月14日)

写真と絵画をメディアとする二人のアーティスト(Chen Ming-TsungとLee Min-Jung)の展覧会で、彼らの被写体や題材になるのが、台湾のアーティストであったり普通の人々であったりと、普段あまり取り上げられることのないモチーフに焦点を当てている。そのため、鑑賞者にアーティストと普通の人々に対して親密感を与える展覧会となった。

DSCF9829.jpg
左、写真家のChen Ming-Tsung、右、本展キュレーターのChang Li Hao。

DSCF9844.jpg
DSCF9846.jpg
DSCF9848.jpg
DSCF9852.jpg
Chen Ming-Tsung写真

DSCF9835.jpg
DSCF9836.jpg
DSCF9838.jpg
DSCF9839.jpg
Lee Min-Jungの肖像画(現在は、fbを使ってモデルになる人を募集しているという)


「郊遊 Tsai Ming Liang」個展(北師美術館、8月29日~11月9日)

映画監督で有名なTsai Ming Liangが、近年アート作品を制作していることはよく知られている。その彼の個展が、国立台北教育大学の北師美術館で行われていた。この個展は、Tsaiが2013年のヴェネツィア映画祭で審査委員大賞を獲った『郊遊 ピクニック』(ホームレスとなった親子の放浪物語)のスクリーニングを中心に、それから派生した映像やインスタレーションで構成されている。

DSCF0016.jpg
DSCF0015.jpg
來美術館

DSCF9935.jpg
DSCF9937_convert_20141003002508.jpg
[広告] VPS
DSCF9971.jpg
[広告] VPS
[広告] VPS
DSCF9976.jpg
[広告] VPS
[広告] VPS




[ソウル](韓国)

「the choi. jeong hwa natural colour, multiple flower show」(Cultural Station Seoul 284、9月4日~10月19日)

前出の光州ビエンナーレのSpiral Pavilionに匹敵する圧倒的な展覧会だったのが、韓国の首都ソウルの旧ソウル駅庁舎を改装して作られたCultural Station Seoul 284で開催されたChoi Jeong-hwaの大個展である。このギャラリーは、近代的な新ソウル駅に隣接してあり、東京駅と同じようにギャラリーとして使用されているが、後者がその一部のみを利用しているのに対し、前者は丸ごと駅舎一棟がギャラリーのスペースに当てられ、その規模の大きさに驚く。
そこでChoi Jeong-hwaは、以前から用いてきた彼独特の素材である極彩色(でないものもあるが)の日用品、装飾品、おもちゃ、廃棄物などを集めて、巨大なアートの殿堂を創出した(本ブログでは、会場の1階部分のみを紹介)。

DSCF1036.jpg
会場前の広場に建てられたプラスチック製のざるの柱列。この近辺は、ホームレスが多いことで知られる。

DSCF1438.jpg
DSCF1439.jpg
DSCF1441.jpg
Cultural Station Seoul 284

DSCF1053.jpg
DSCF1052.jpg
DSCF1051.jpg
DSCF1138.jpg
DSCF1139.jpg
DSCF1134.jpg
展示作のタイトルには、必ずflowerの単語がついている。

DSCF1077.jpg
DSCF1070.jpg
DSCF1067.jpg
DSCF1079.jpg
DSCF1083.jpg
DSCF1086.jpg
DSCF1087.jpg
DSCF1093.jpg
DSCF1095.jpg
DSCF1099.jpg
DSCF1101.jpg
DSCF1107.jpg
DSCF1144.jpg
DSCF1147.jpg
DSCF1157.jpg
DSCF1159.jpg
DSCF1162.jpg
DSCF1163.jpg
DSCF1165.jpg
DSCF1169.jpg
DSCF1166.jpg


The Art of Dansaekhwa(Kukje Gallery、8月28日~10月19日)

ソウルの大手ギャラリー、Kukjeで開催されていたのは、1970年代韓国のアートシーンに現れたDansaekhwaの作品の展覧会だった。その初期にリ・ウーファンが属していたこの運動は、韓国内では主流の表現に対するカウンターとして捉えられているが、現在から振り返れば、日本の同時期のもの派(まさに日本に移住したウーファンが先導した)と同様、当時のモダニズムの表現の最先端であったことが確認できる。そうであれば、現在のもの派の国際的な名声に続いて、Dansaekhwaの作品が国際的に評価されるようになるのは、時間の問題だろう。本展に含まれるアーティストは、この運動のオリジナルメンバーの7名だが、そのなかからもっとも印象に残ったHa Chong-Hyunの作品を紹介したい。彼の絵画は、絵具のマチエールの注意深く丁寧な扱いが、画面に緊張感ある静寂をもたらしているという点で、他にも増してクオリティが高いと思う。

DSCF1574.jpg
DSCF1575.jpg
DSCF1577.jpg
絵具が削り取られているように見える表面が、画面から鑑賞者の視線を遠ざけるのではなく、削除された空隙に惹きつける。
DSCF1578.jpg
DSCF1579.jpg
上の2点は、カンヴァスの裏から濾し出されたように見える絵具のマチエールの細かい粒々が、爽やかなリズムを刻んでいる。



[札幌](日本)

札幌国際芸術祭2014(札幌市内の複数の会場、7月19日~9月28日)

この第1回大規模国際展(トリエンナーレ形式)を一口で語ることができないのは当然だが、あえてまとめて構造化すれば、柱となる4つの作品の間に、他の諸作品が集められて配置された展覧会と言えるのではないか。その4本柱とは、砂澤ビッキ、島袋道浩、山川冬樹、暮らしかた冒険家 札幌の家の作品である。4本の柱が象徴する、今回の展覧会のテーマである「都市と自然」に関連する意味は、砂澤が「抵抗」、島袋が「衝突」、山川が「接続」、暮らしかた冒険家が「リフォーム(改造)」である。それら柱の間に時間軸が垂直に走り、過去に向かうベクトルが近代を反省する作品(主に、道立近代美術館に展示)に、未来に延びるベクトルが近未来を予測する作品(主に、札幌駅前地下歩行空間に展示)に結晶している。

IMG_0036_201410042048164b0.jpg
砂澤ビッキ

IMG_0382_20141004204820697.jpg
島袋道浩

IMG_0353_20141004204820504.jpg
IMG_0049_201410042206517c4.jpg
山川冬樹

IMG_0142_20141004205242b83.jpg
IMG_0153_201410042052437e8.jpg
IMG_0146_201410042057527e6.jpg
暮らしかた冒険家 札幌の家

問題は、私が恣意的に整理し直したこの展覧会の構造から、都市と自然の新たな関係が生まれるかということである。その成否の鍵は、近代の主客二元論的世界をどう克服するかにかかっている。だが、展覧会の時間軸上にある近代の反省(過去)は、近代の二元論を前提するのであれば、どこまでもそれを引きずり、克服に向けての実り多い結論を導くことができないのではないか?
それが、二元論を超克する困難を確認するに止まるという重苦しさを反省系の作品から感じさせるだけでなく、ポストモダン系の作品にさらに浮ついた雰囲気をまとわせたように思う(したがって、最終的に近代の真正面からの反省は、せいぜい反近代か前近代に陥るのがおちである)。近代の回顧は、近代を乗り越えた地平からなされなければならないということだ。
また、近代以降を展望する作品も、近代の未解決な障害(主客二元論)を内包したままでは、それが描き出す未来は、主体か客体に収斂するディストピアにならざるを得ないのではないか。

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2014.10.05 | コメント(0) | 展評

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«   |  ホーム  |   »

Art in Action ブログについて

美術評論家、市原研太郎の主宰する現代アート研究室Art-in-Actionが発刊するブログマガジン

「ブロマガ」とは
「ブロマガ」購読方法

お問い合わせ

・ブロマガの購読・課金に関するお問い合わせはFC2サポートまでお願いいたします。
・記事の内容に関するお問い合わせはArt in Actionまで。

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:グローバルに拡大した現代アートのアーカイヴ作りと、そのアクチュアルな活動の見取り図を描くことを目的に、Art-in-Actionと名付けた現代アートのブログを立ち上げました。その取材に役立てるべくやむを得ず有料にしましたが、読者の方々の期待に答えられるよう努力を継続していきますので、よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム