美術評論家 市原研太郎が送る現代アートのブログマガジン

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:グローバルに拡大した現代アートのアーカイヴ作りと、そのアクチュアルな活動の見取り図を描くことを目的に、Art-in-Actionと名付けた現代アートのブログを立ち上げました。その取材に役立てるべくやむを得ず有料にしましたが、読者の方々の期待に答えられるよう努力を継続していきますので、よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
- コメント

【評論】 “Black Years” and Imagination(前半)

ブログマガジン8月号(1)を配信します。今回は、Black Years and Imaginationと題して、つい先頃レクチャーで紹介したナチス・ドイツの時代のアートシーンを俎上に上げ、想像力の重要性を確認します(前編)。その後、ナチスの絶滅収容所を取り上げて表象=再現の限界に触れ、ポスト絶滅収容所の現代アートにおける想像力の新たな展開を概説します。最後に、ポスト収容所の現代アートにおける想像力の不可欠さを改めて強調するだ....
記事の続きを読む
- コメント

【評論】 “Black Years” and Imagination(後半)

ブログマガジン8月号(2)を配信します。今回は、“Black Years” and Imagination(後)。8月号(1)を受けて、ナチスの強制収容所を取り上げて想像力の限界に触れ、収容所以後の現代アートにおける想像力の新たな展開を概説します。こうして、現代アートにとって、想像力の十全な働きを促す自由を実現するもう一つの想像力の役割を提起します。8月号の購入で、前編と後編を読めます。......
記事の続きを読む
- コメント

【評論】「作品=環境」型アートの到来――最近の国際展およびホイットニー美術館で開催されたLaura Poitras展における作品と展覧会の形式の変化について

お待たせしました!  ブロマガ最新号です。 今回は、「最近の国際展およびホイットニー美術館で開催されたLaura Poitras展における作品と展覧会の形式の変容」と題し、とくに最近の国際展に見られる顕著な変化に焦点を当て、その背後にあるアートに関する考え方の変動を追究しました。 アートの最先端で何が起こっているのかを知る、画像満載かつ懇切丁寧なコメントを加えたテキストです。......
記事の続きを読む
- コメント

【評論】Between Art and ActivismーThe possibility of Activistic Art

ブログマガジン8月号2回目の配信です。今回のテクストは、「アートとアクティヴィズムの間の甘い関係―アクティヴィスティック・アートの可能性」と題した評論です。昨今、非常に多くなってきた社会的、政治的な表現に、ラディカルな視点から光を当てる渾身の論考になっていますので、是非ともご購読ください。感想や批判や疑問の書き込みを歓迎します。......
記事の続きを読む